マンション売りたい!高値で売却するならコレだけはチェック

マンション売りたい!高値で売却するならコレだけはチェック

マンションを売りたい!なら、絶対に後悔のないようにしなければいけません。安くすれば売りやすいので簡単に購入希望者の要望や不動産会社の提案を受け入れて値下げする売主がいますが、「すぐに売らなければいけない」状況を除いては、できれば高く売りたいですよね?もし高く売れたら、住み替え時の新居資金、子供の教育費など使える機会はいくらでもあります。妥協した売却活動は多くの場合、うまくいきません。売れるかもしれませんが最終的に納得できない事が多いことを知っておきましょう。

マンションを高く売りたいなら、コレだけは必ずチェック

「高く売りたい」は売主すべてが願うことですが、実際には損している人も多くいます。少なくとも下記項目をチェックをしておくだけでも損する人は少なくなりますので、必ず目を通して欲しいです。難しい事ではありませんのでチェックを!

①売却期間に余裕を持つ
②必ず数社に査定見積もり依頼をして相場を確認
③マンションの売り時について
④手数料が大体いくらになるか計算しておく
⑤不動産会社は味方だが時として敵となる
⑥売る方法は一つではない

①売却期間に余裕を持つ

「資金に困っている」などで急いで売る必要がある場合を除いては、売却期間になるべく余裕を持つことをオススメします。というのも売却期間に期限を設けてしまう事はマイナス要因になる可能性があるからです。もし期限が迫ってきた場合、どのようにして売るかと言ったら選択肢は値下げするしか方法がなくなったりします。また、買主に期限がある事を知られてしまうと、買主からすると値下げ交渉しやすくなります。

値下げして売るしかない状況をなるべく作らない為にも売却期間には余裕を持っておくべきです。

②必ず数社に査定見積もり依頼をして相場を確認

必ず数社に査定見積もりを依頼する!多くの方が売却経験がないはずですので、自分の家はいくら?なのか知らないはずです。近所の不動産屋に行って査定してもらう事で近隣の相場や、マンションの査定をしてもらえますが、その価格が本当に適正価格か1社の査定価格だけでは基準がないので判断できません。

何か物を購入する時に価格の比較をしませんか?

少しでも条件の良いものを探しますよね?その感覚と同じで、売却する際も、自分のマンションを一番高く売ってくれる不動産会社を探さなければ損してしまいます。ましてや数百万円も違いがでたら嫌なはずですので、必ず複数の会社に査定見積もり依頼をして、それぞれ不動産業者の査定額を比較する事が重要です。

③マンションの売り時について

マンションを売りたい!と思ったけど、いつ売り出すのが良いのか?売り時っていつ?何月に売るのがいい?という疑問がでてきます。実際によく質問されている内容ですが、季節については一般的に秋(9月、10月、11月)や冬~春(1月、2月、3月)など転勤など生活環境が変わる時期に不動産がよく動くと言われています。しかし、現在ではインターネットの普及もありますし、指定流通機構への物件登録もあり、幅広く流通させることが可能となっているため、季節はそれほど関係ないと言われています。

また、売り時については、2016年7月1日に国税庁が発表した2016年分の平均路線価で8年ぶりに上昇しているので、今売リ時と言っても良いかもしれません。ただし、不動産の立地によっては下っているエリアも勿論あるので、自分のマンション売却エリアの市場状況については不動産会社に聞いてみる事をおすすめします。

④手数料が大体いくらになるか計算しておく

マンション売却は不動産会社と媒介契約を結んで仲介してもらうので、買い手を見つけてもらった報酬として不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料は【売買価格×3%+6万円+消費税】で計算できます。売買金額が全て手元に入ってくるわけではありませんので、手数料の事も頭に入れて売却活動しなければいけません。特に住み替えなどでまだローンが残っている場合は、手数料なども計算し、少しでも高く売る事に専念して抵当権を抹消すべきです。でないと売れませんので...

⑤不動産会社は味方だが時として敵となる

マンションを売る際は仲介を不動産会社に依頼しますが、通常不動産会社は味方となって販促活動をして買い手を見つけてくれますが、時として見えない敵になる可能性がある事も知っておきましょう。高く売るには業者の手腕が必要ですが、営業担当の方もビジネスで仲介をしていますので、売却できないと手数料が入りません。不動産売却は売主と買主とで価格交渉の結果、話がまとまらなければ売れませんので、業者はその間に入って調整してくれますが、ここで売主の味方ではなく、買主の味方になってしまう業者がいます。簡単に説明すると売主は3000万円で売りたい!買主は2950万円で買いたい!と考えていたとします。

売主は3000万円でなるべく売りたいけど...もし・・・なら、値引きしても。
買主は2950万円なら買いたい

とした場合、当然ですが、売主は説得の余地があると考えられるので、この場合、売主を説得する方向で話をすすめます。このように売主の最大利益を追求する訳ではなく、売買が成立するように動くのが業者です。例では50万円程度の差なので、あまり損したと感じませんが、中にはとんでもない値下げを説得されて売却している売主もいます。不動産会社は味方ではありますが、時として敵になる事を知っておきましょう。自分の考えをしっかりと持っておくことが大切です。

⑥売る方法は一つではない

マンション 売る方法は一つではありません。仲介を依頼した不動産会社によっても営業方法は異なってきますので、いかにターゲットに合った販促方法をしてくれるかを見極める必要があります。不動産会社を選ぶ際には、どのような売却活動をしていくのかしっかりと説明してもらった上で決めてください。多くの場合、大手ポータルサイトへの掲載、自社サイトへの掲載、新聞チラシ広告、など決まっているかと思いますが、その中でも他とは違うポイントがある業者を探すと良いかもしれません。

まとめ

自分だけではマンションを売却するのは難しく、業者と密になって販促活動をしていく事が重要です。上記のチェック項目は売却成功の為には欠かせないポイントです。必ずチェックして、できるだけ高く売れるようにしてもらえたらと思います。

マンション売りたい!

COPYRIGHT© 2014 マンション売りたい! ALL RIGHTS RESERVED.